電通からのお知らせ
新聞関連情報
【新聞】新潟日報 N-PDF原稿受入開始のお知らせ

新潟日報社は、2016年4月1日掲載分よりN-PDF原稿の受入を開始しました。

 

電通は業界方針に合わせ、N-PDF原稿の入稿を強く推奨しております。
N-PDF受入可能新聞への広告原稿は、「EPS」ではなく「N-PDF」での入稿をお願い致します。

 

【新聞】N-PDF受入可能新聞リスト_20160421

 

今後、随時更新をしていきますので、宜しくお願い致します。


<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社電通 メディア業務マネジメント室 アドプロセスマネジメント部

TEL:03-6216-8117

E-mail:adflow@dentsu.co.jp

【新聞】佐賀新聞 N-PDF原稿受入開始のお知らせ

佐賀新聞社は、2016年4月4日送稿分よりN-PDF原稿の受入を開始しました。

 

電通は業界方針に合わせ、N-PDF原稿の入稿を強く推奨しております。
N-PDF受入可能新聞への広告原稿は、「EPS」ではなく「N-PDF」での入稿をお願い致します。

 

【新聞】N-PDF受入可能新聞リスト_20160404

 

今後、随時更新をしていきますので、宜しくお願い致します。


<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社電通 メディア業務マネジメント室 アドプロセスマネジメント部

TEL:03-6216-8117

E-mail:adflow@dentsu.co.jp

【新聞】電通東京本社への入稿規定 更新について

新聞ご担当者様

 

電通東京本社・新聞広告原稿の入稿規定を一部更新しました。

 

・読売新聞:5段、7段 サイズ変更

・N-PDF受入可能新聞:山梨日日新聞(4/1~)、徳島新聞(4/4~)

 

詳細はこちらをご確認ください。

http://www.ad-flow.info/paper/dentsu_rule_20160401/

 

 宜しくお願い致します。

 

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社電通 オペレーション業務マネジメント室 アドプロセスマネジメント部

TEL:03-6216-8117

E-mail:adflow@dentsu.co.jp

【新聞】徳島新聞 N-PDF原稿受入開始(4/4~)のお知らせ

徳島新聞社は、2016年4月4日送稿分よりN-PDF原稿の受入を開始します。

 

4月4日以降、「N-PDF」と「EPS」の併用期間となりますが、

進捗状況を考慮しながら、最終的には9月1日以降の送稿分より

「N-PDF」での入稿に全面移行する予定です。

 

【新聞】N-PDF受入可能新聞リスト_20160304

 

電通は業界方針に合わせ、N-PDF原稿の入稿を強く推奨しております。
N-PDF受入可能新聞への広告原稿は、「EPS」ではなく「N-PDF」での入稿をお願い致します。

 

今後、随時更新をしていきますので、宜しくお願い致します。


<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社電通 メディア業務マネジメント室 アドプロセスマネジメント部

TEL:03-6216-8117

E-mail:adflow@dentsu.co.jp

【新聞】山梨日日新聞 N-PDF原稿受入開始(4/1~)のお知らせ

山梨日日新聞社は、2016年4月1日送稿分よりN-PDF原稿の受入を開始します。

データ形式を「EPS」から「N-PDF」に移行します。


移行スケジュールは下記の通りです。
・N-PDF 2016年4月1日受入開始
・EPS    2016年6月30日受入終了予定

 

【新聞】N-PDF受入可能新聞リスト_20160223

 


電通は業界方針に合わせ、N-PDF原稿の入稿を強く推奨しております。
N-PDF受入可能新聞への広告原稿は、「EPS」ではなく「N-PDF」での入稿をお願い致します。

 

今後、随時更新をしていきますので、宜しくお願い致します。


<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社電通 メディア業務マネジメント室 アドプロセスマネジメント部

TEL:03-6216-8117

E-mail:adflow@dentsu.co.jp

 

 

【新聞】愛媛新聞 N-PDF原稿受入における注意事項

愛媛新聞社は、2016年2月10日送稿分よりN-PDF原稿の受入を開始しましたが、

一面記事下の3段1/8及び3段1/6はEPS原稿での入稿が必須となります。

ご注意ください。

 

【新聞】N-PDF受入可能新聞リスト_20160216

 

今後、随時更新をしていきますので、宜しくお願い致します。


<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社電通 メディア業務マネジメント室 アドプロセスマネジメント部

TEL:03-6216-8117

E-mail:adflow@dentsu.co.jp

【新聞】愛媛新聞 N-PDF原稿受入開始のお知らせ

愛媛新聞社は、2016年2月10日送稿分よりN-PDF原稿の受入を開始します。

 

電通は業界方針に合わせ、N-PDF原稿の入稿を強く推奨しております。
N-PDF受入可能新聞への広告原稿は、「EPS」ではなく「N-PDF」での入稿をお願い致します。

 

【新聞】N-PDF受入可能新聞リスト_20160210

 

今後、随時更新をしていきますので、宜しくお願い致します。


<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社電通 メディア業務マネジメント室 アドプロセスマネジメント部

TEL:03-6216-8117

E-mail:adflow@dentsu.co.jp

【新聞】電通東京本社への入稿規定 改定について

新聞ご担当者様

 

電通東京本社・新聞広告原稿の入稿規定を改定しました。

詳細はこちらをご確認ください。

http://www.ad-flow.info/paper/dentsu_rule_20160208/

 

 宜しくお願い致します。

 

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社電通 オペレーション業務マネジメント室 アドプロセスマネジメント部

TEL:03-6216-8117

E-mail:adflow@dentsu.co.jp

【新聞】熊本日日新聞 N-PDF原稿受入開始のお知らせ
熊本日日新聞社は、2016年1月4日送稿分よりN-PDF原稿の受入を開始します。
電通は業界方針に合わせ、N-PDF原稿の入稿を強く推奨しております。
N-PDF受入可能新聞への広告原稿は、「EPS」ではなく「N-PDF」での入稿をお願い致します。
以下概要です。
————————————————————————————————————-

■入稿開始

 2016年1月4日(月)より運用開始。

 

■入稿方法

 デジタルセンドシステム限定。

 

■入稿対象

 媒体:朝刊・夕刊、すぱいす*spiceおよび本社が発行する特集(含エリア版)。

    ※持込広告は含みません。

  色 :カラー、合わせスポット、モノクロ含む全ての広告。

 

■ファイル形式

日本広告業協会が策定している「N-PDF新聞広告デジタル制作ガイド」に則って作成

されたPDFファイル(通称N-PDF)。

  ※詳しくは日本広告業協会のホームページをご覧ください。

   https://www.jaaa.ne.jp/activity/committee_result/committee_result05/

 

運用上の注意

 サイズ:原稿サイズとアートボードサイズを必ず同じにしてください。

     ※余白がある場合、余白込みで処理されます。

 締 切:熊日広告入稿ガイドに準じます。

 修 正:媒体で修正は一切行いません。修正後、再入稿願います。

 在 版:在版管理は媒体では行いません。同一原稿の場合でも再入稿願います。

 念 校:不要。デジタルセンドシステムから入稿された場合、自動的に入稿ゲラが

     作成されますのでゲラは不要です。

     ただし、色味など特別な事情がある場合は、別途、色校正をご準備ください。

———————————————————————————————————–
中日新聞社が広告原稿入稿サイズを変更
中日新聞社は、2015年11月1日付より広告原稿の入稿サイズを組寸から刷寸に変更します。

対象煤体:中日新聞、北陸中日新聞、東京新聞、日刊県民福井、中日スポーツ、東京中日スポーツ
       及び別刷(でらワイドは除く)、タプロイド紙(中日ショッパー、東京新聞TODAYは余く)

尚、引き続き日本新聞協会推奨のN-SIZEも入稿可能です。

詳細については、添付PDFまたは中日新聞社HPをご覧ください。
ページトップへ